MENU

運動と食事で注意すること(ペットボトル症候群)【佐倉市のダイエット整体ならいろり整骨院】

2017年7月15日

運動と食事で注意すること(ペットボトル症候群)

 

ダイエットと運動と食事の効果的な健康法

 

ダイエットと健康についての話です。

 

ペットボトル症候群ってご存知ですか??

 

20代から30代の方に多い症状です。

 

特にジュース(ペットボトル、清涼飲料水)をたくさん飲むと…

 

夏の暑い時期は特に

 

清涼飲料水は、糖分が高いので飲むと血糖値が急激に上がります。

 

喉が渇きやすくなります。

 

喉が渇くとまた清涼飲料水を飲むと繰り返しが起こり、

 

糖分をとりすぎてしまいます。

 

若くして急性の糖尿病になってしまうケースも出ています。

 

最近では、40代から50代の人にも増えています。

 

コンビニエンスストアが増えたことで、清涼飲料水を買いやすい環境になったことも影響しています。

 

フルマラソンの給水所は、一番最初の給水所は、水を置いているそうです。

 

2回目以降は、水で薄めたスポーツドリンクだそうです。

 

ペットボトル症候群は、糖分の摂り過ぎになり、急性の糖尿病の傾向になり、

 

疲れやすい、足がつるなど、筋肉が疲れていないのに、このような症状が出てきます。

 

内臓への負担もかかってくるので、要注意です。

 

ダイエットだけでなく、普段から水を飲む習慣をつけて、身体からデトックスを出して健康な身体作りをしていきましょう。

 

この記事の関連記事

運動と食事で効果的に痩せるダイエット   ダイエット中、激しい運動をお勧めしない理由   激しい運動をすると脳が起こす反応ってご存知ですか??   激しい運動をする   脳が消費したカロリーに対して摂取しようとしてきます。  

運動や筋トレやプロテインで効果的に痩せるダイエット中で注意すること   ダイエット中の注意点   冷えは、ダイエットの天敵です。   冷えが何故ダイエットに影響するのか??   治療もダイエットも一緒ですが、   身体を冷や

運動と食事で簡単に痩せるダイエット方法   ダイエットとお酒の関係   なぜ、お酒を飲むと太りやすくなるか??   原因は3つあります。   1つ目は、   例えば、ビール1缶 350mlを飲むとごはん1膳分と言われています


アーカイブ

2019

最新記事


© 2019 All rights reserved.